ダブル家賃 回避方法

ダブル家賃の回避方法

引越し ダブル家賃 回避

 

引越しのときは考えて上手に引越ししなければ、新居と旧居の2箇所分の家賃がかかります。
同じ月に違う物件の家賃が発生するダブル家賃、懐へのダメージが大きいのでどうにか回避したいところですね。

 

まず問題なのは、退去の際には何ヶ月前に言う必要があるかということです。

 

今住んでいる物件に入居する際「ここを出る時は3カ月前に告知すること」などの契約をしているはずです。

 

人によっては1ヶ月前であったり、2ヶ月前であったしますので、契約書を確認しましょう。
大家さんも長期間空き部屋になるのは困るので、余裕を持って次の入居者を探したいためこの期間を設定しているのです。

 

もし2ヶ月前に言う必要がある物件だった場合、新居が決まってから告知したのでは間に合わない可能性があります。
するとダブル家賃が発生する可能性が高いです。

 

ですからまず現住所の管理会社に解約予告をしてから新居を探し始めましょう。
予告を先にしてから、その間に新居を探して引越し予定日ギリギリに契約するのが理想的です。

 

ただしこれは、良い物件がすぐに見つかった場合は他の人に取られる可能性もあって辛いところです。

 

建設中の新居物件を予約するという方法もあります。
建設中なので手付金を支払えば予約することができて入居するまで家賃は発生しませんが、引越し日までに完成するかどうかが疑問です。

 

または1カ月フリーレント(家賃がタダ)という物件を狙うという方法もあります。
しかしそう上手いこと条件に合う物件が見つからないことのほうが多いです。

 

いつでも誰にでも出来る方法は新居物件の管理会社に相談して、家賃を日割り計算にしてもらえないかなどの交渉することです。
大家さんも物件を空部屋にしておくのは嫌なので、交渉に応じてくれることもあります。

 

そしてついつい忘れがちなのですが、駐車場を借りている人は駐車場の解約予告も行ってください。